はちみつパックで乾燥を防ぐ方法

☆はちみつパックで乾燥を防ぐ方法★を紹介します。まずはちみつにはビタミンCやビタミンBといったビタミン類が豊富に含まれているので、美肌効果が高い食品なんです♪そんな美肌効果の高いはちみつを直接肌に付けてパックをすると、肌がしっとりと潤い乾燥知らずの肌にすることが出来ます。

はちみつパックの仕方はとても簡単で、はちみつがあればどなたでも手軽に出来ちゃいます。洗顔した後にはちみつを顔全体に薄く塗ります。そして3〜5分そのままにして置いて、その後にお湯で洗い流すだけなんです。この通りにとても簡単に出来ちゃいます。はちみつパックをした後は、肌がしっとりしてワントーン明るい肌になります。そして肌荒れや唇が切れている部分も、はちみつパックをすることによって治りが早くなります♪

はちみつは国産のものでも外国産のものでもどちらでも良いです。国産のはちみつはお値段が高いので、アルゼンチン産や中国産のお値段が安いものをパックに使うと良いと思います。はちみつなので食べても、口に入っても安心なのでおすすめのパック方法です★肌が乾燥して困っている方には、はちみつパックをぜひ一度試してみて欲しいと思います〜(*´-`*)

全身のかさかさはクリームの保湿で改善する?

私の乾燥肌は冬が一番ひどいです。背中や足、足の裏まで水分がなく常にカサカサしており痒みが止まりません。色々なクリームを試しては使いきらずに次のクリームへと手を出しては、特にこれといった解決策はありませんでした。常に腕の内側は掻き毟りの跡があったり、背中に傷跡があったりと。

そこにきて出産・子育てと自分にかける時間もなく、また子供も乾燥肌という乾燥肌親子です。しかし子供の事になると私も乾燥肌を後回しにはできず色々試してみました。まずは100円のミニボトルに温泉水を入れ常にスプレーしていました。それから保湿剤。これが効果が出ました。それとお風呂上がりにすぐクリームも効果がありました。

5分以内に全身クリームを塗ることを目標にしています。この2つだけでも私の方の乾燥肌は大分楽になりました。背中にクリームを塗ることも今まで大変だったのですが、子供たちが手伝ってくれるようになり幾分楽になりました。

私には保水が足りなかったようで、肌の状態を保つために冬でも紫外線対策をしています。後はきちんとした栄養も重要と聞いたのですがここは良く調べもせずに、マルチビタミンサプリメントに頼っている状態ですが、効果のほどは分かりません。下の娘が生まれ、また乾燥肌のようなので、これからもしっかりお手入れしていきたいと思います。

毎日の化粧水で乾燥肌を改善

私は元々乾燥肌で、敏感肌でもありました。

子供の頃から肌は弱い方で、しっかりケアしてきたつもりでも乾燥肌は改善されませんでした。

乾燥肌によって、肌の粉吹き、赤み、炎症、小じわなどさまざまな肌トラブルを抱えていました。

朝に化粧水、乳液をたっぷり塗っても数時間後にはかさつき、メイクが粉を吹いていました。

内側の肌の奥から乾燥していたので、水分は常に不足している状態でした。

乾燥肌を治すために私が行ったことは、まずは水分をこまめに摂取することです。

喉が乾く前にちびちび飲んで、体の中からの乾燥を防ぎました。

また、洗顔のしすぎや刺激の強い洗顔料を使うことも乾燥をまねくため、洗顔の回数は朝、晩の最低限の二回にとどめ、朝はぬるま湯のみでの洗顔に変えました。

私の場合洗顔のしすぎも乾燥肌の原因だったので、それを改善するだけでも効果はありました。

洗顔後は水分が蒸発する前にコットンでたっぷり化粧水を肌の奥まで浸透させ、肌がしっとりとするまでコットンパックします。
ようやくその状態になったら、乳液やクリームで肌に蓋をします。

自分に合う化粧水は乾燥肌 化粧水 ランキングを参考にしてみてください。

そうしたケアを毎日行っただけで、乾燥肌はだいぶ改善されました。

また、化粧品はなるべくシンプルな、添加物の刺激が少ないものを選ぶことも大切でした。

特別なことはないけれど、少しケアの仕方を変えるだけで乾燥肌は改善出来ます。

乾燥肌のOLにはUSB電源の加湿器がいいと思う

乾燥肌で1年中、顔も体も乾燥しているのに、冬は会社の暖房のせいで乾燥肌が悪化してしまいました。

事務の仕事なので1日中室内にいて、冬はずっと暖房をつけっぱなし…そりゃ乾燥しますよね。夕方頃にはもう顔がかぴかぴしてきます。

会社にも加湿器おいてほしいなーなんて思いながら仕事をしていたら、向こうのほうに湯気のようなものが見える…あれはなに!?と思って近づくと、なんとちっちゃい加湿器がデスクの上にあるではありませんか!

それは女子力の高い先輩が持ってきていたものでした。

見た目も香水のボトルみたいに可愛いやつで、しかも会社のパソコンのUSBから電源を取れるんですよ。こんなに便利なものがあるなんて!

よくPCにつなげられるちっちゃい扇風機ありますよね。あれくらいの大きさです。

先輩に私も買っていいですか?と許可を取って。笑 早速その日のネットで注文しました。

自分のPCの横において使ってみると、夕方に肌がかぴかぴになることがなくなりました。さらには喉のイガイガも軽減されました。加湿器使う前は喉飴が必須アイテムだったのに。

最初は湯気がちょっとウザいですが。笑 すぐになれます。向かい側にいる女性にも感謝されるのでおススメです。

出産後に一気に乾燥肌になってしまいました

私は元からすごい乾燥肌に悩まされていました、冬はとても痒く白く粉がうきます。そんな私が妊娠し出産すると自分に使う時間がなくなりお手入れができなくなり私の肌は悲惨な状況になったのです。

顔はシワがふえ手はおばぁちゃんみたいにしわしわで体はかきむしり傷だらけになりました、ですが余裕も時間もなくほぼ諦めていました。そしてやっと少し子供に手が離れたかなと思い私は友達と久しぶりに会うことができました。

友達は私を見た瞬間固まりゆっくりとこういいました「老けたね、一瞬誰かわからなかったよ」その場は笑いとばしましたが心のなかではとても傷つきました、うちに帰りじっくり鏡を見ることにすると目元はシワとくまだらけ、頬は毛穴全開でカサカサ、唇は切れてザラザラ、鼻は皮がめくれあがり、おでこにはたくさんのなみなみシワ、首はおばぁちゃんのような感じに。

よくこれで外に出れたなと本気で思いました、それからの私は自分を磨きなおすために必死になりました。毎日パックし、美顔器をつかい、マイナスイオンを顔に浴びました、やっと人前にでれるようになりましたがまだまだです。やはり肌は努力を怠るとこんなに素直にダメージがくるんだと実感しました。

冬になると乾燥肌が辛い!唇のカサカサ

冬になると、乾燥肌の人にとってはつらい季節ですよねー。かくいうわたしも毎年この時期には悩まされています。

冬が来たなあ、と思うのと同特に手荒れがひどくなります。つまり空気が乾燥してきたってことですよね。普通に手を洗ってるだけでも、そのあとのカサカサ具合が違ってきたな、って感じます。

ハンドクリームを塗るのをちょっと忘れると、手の甲が白くなってくるし…そして皮膚がピリピリしてくるんですよね。痛くてかゆい、これが辛いんです。掻いちゃダメだけどかゆい、でも痛い…

わたしが手の乾燥と同じタイミングで毎年気づくのが、唇のカサカサ、これも舐めちゃダメ、でも気になって舐めちゃう…のエンドレス。特に子どもには「ぺろって舐めたら余計かゆくなるからダメだよ」って難しいんです、ついやっちゃう、わかるよ。

でも舐めないでほしいの。しょっぱいもの食べた後なんかはけっこうしみたり、ひりひりするんですよね。また逆にかゆくなることもあります。外出先で唇のカサカサが気になりだしたのに、リップクリームが見つからない、もうカバンの中ガサガサ探します。まあ、大体そんな時に限って忘れちゃってるので、新しく買う羽目になるんですけどね。

毎年保湿には気を付けているけど、冬は乾燥肌の人には試練の時期ですね。

馬油の保湿力のすごさ

冬になると足の乾燥がひどくなります。顔や腕は特に気にならず、乳液やクリームを塗るぐらいで大丈夫なのですが、足、特にひざしたの皮膚が粉を吹いて白くなるぐらいに乾燥します。かゆくもなんともないのですが、服を着替えるたびにぽろぽろと白い粉が床におちるぐらい粉を吹きます。

履いていたレギンスを脱ぐと、その裏地が真っ白になっているのにはびっくりします。ボディローションや乳液を塗ってもまったく効かないので、どうしようもないのかなと思っていたのですが、馬油のうるおいがすごいと聞いて試してみたところ、これがとてもよかったです。

馬油は日本でも中国でも昔から使われてきた歴史のある塗り薬だそうです。軽い傷や軽いやけどに使われていたそうです。傷を修復する以外にも、その保湿力と浸透力が特徴です。人間の皮脂の成分に近いので、よく浸透するのです。ちょっと手に取るとべとっとするのですが、塗りこんでしばらくするとべたつきは気になりません。

とても伸びがよいので、少量で広範囲に塗ることができます。保温や血行促進作用もあるので、冬のお手入れにはぴったりです。お風呂上りに手足にすりこんでおくと、翌朝しっとりです。毎晩続けていると、肌が内側からうるおってきます。馬油は乾燥肌の必需品です。

お母さんの乾燥したかかと

子供の時お母さんのかかとがガッサガサでお母さんケガしてかわいそうだな〜なんて思っていた頃がありました。

はい。今では私も立派なガサガサかかとです(笑)

かかとのみならず、お風呂からあがって洋服を着替えて、よし!顔に潤いを…とやってる頃にはもうピリリとしてつっぱっています。

この時期は化粧水や乳液も置いているだけで冷たくなっていますよね。

なのでしっかりと手の平で温めてそれからお顔にぬりたくります。1回では浸透してくれない頑固なお肌に何度か化粧水つけてようやく潤ってきたかな?と思ったら乳液できちんとふたをします。

乾燥肌で悩みだしていろいろなことを試したのですが、この基本の化粧水と乳液を丁寧にすることが私には1番効果的でした。

後は時期によって化粧水と乳液を使い分けるのも大事ですね。

冬場につかう基礎化粧品を夏場につかうとテカりやべたべたで不快ですし、夏場に使う基礎化粧品を冬に使ってもピリピリします。

体の保湿も忘れずにしなければ、体がピリピリしてかゆくなったりします。

私の家では暖房はつけず、おこたと、ホットカーペットで冬をしのぎます。そうすると、お風呂上りに薄着でいると寒くて寒くて…

でもボディクリームを塗らなければかゆくなるし…

たたたたたぁぁーー!!!っと体にボディクリームを塗りたくり体にも潤いを与えます。

ボディクリームはまだ私の肌に合っているものを見つけられていないので今年の冬も自分に合うものを探す冒険をしなければなりません。

欲張りな私のお肌にぴったりなクリームに出会えますように…